ひぁしあめ

二次+鉄なつるぎがダラダラ書き綴るレポとか。不定期更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸・信越etc旅行レポ(1日目)

<8月3日(木)>

一度確定した行程が出発直前になって急きょ変更せざるを得なくなるような事態が何度か起こったり、前日の夜ですらろくにwktkできなかった今回の旅行はいつもと何ら変わらない223系の新快速に乗ることから始まったのでした...

[高槻06:54―(新快速 米原・クモハ223-3022)―08:00米原]




米原で早速81を捕獲。これからいくらでも見られるとはいえ貨物列車はいつマトモに撮影できるか分かりません。




んで今回の目的の一つである北陸ローカルな車両。
一発目はなんと最近になって貫通扉を文字通り「埋めてしまった」419系のクハ419-2を含む編成。
419系自体がゲテモノだったりしますが更にその上のレベルです。これはキモいw
彼らも今になってこんな仲間が増えるとは思ってもみなかったでせう。西のやることはよぅ分かりませんw

まだ時間があったので何か食そうかと思ったものの、一応朝飯は済ませてから出てきたのでここではパス、テキトーに東海の車両やらを眺めながら乗車位置に並んで次の電車を待ってると、やってきたのはまさかのアイツ。そうです、長浜に行った先ほどのツルツル顔が帰ってきたのです。返しの運用がこれとはねぇ...w
反対側の食パン顔の方に乗り込み、いよいよ(個人的な)北陸の玄関口・敦賀へ向かいます。

[米原08:51―(普通 敦賀・クモハ419-12)―09:44敦賀]




419系でしか味わえない広々としたボックスシートに揺られること約1時間、降りた駅には既に特急や貨物を除けば地元で見られる車両はいません。少なくとも秋まではこの状態です。
それにしてもこの絵、ちょっと弄ればヨ○バシカメラの店内でも見つけられそうだと思うのは私だけd(ry






まだまだ発車時間の来ない小浜線ホームで暇そうにしてる125系を色々撮ったりしてると、北陸本線のホームにクハ419のトップナンバーを含む編成が到着。
どこからか同業者も若干名現れて暫しプチ撮影会状態に。いやーまったりしてますなぁw

特急を何本か見送って、やってきた次なる列車はデカ目を輝かせた475系。
やっぱり日窓にボックスシートでデッキ付きの片開きドアってのがたまりません。北陸ローカルの中では419系よりもコイツが好きです。

[敦賀10:43―(普通 福井・クモハ475-51)―11:40福井]

国鉄型独特の振動と同時に動き出した元急行型は敦賀を出てまもなく北陸トンネルに進入。青函トンネル開通までは日本最長だったってのが意外ですが。
ここで検札があって、今回の旅行中ではこれが最初で最後でした。
トンネルを出た後はついに"浪漫鉄道"の脳内無限ループ再生が始まってしまい、以後はこの旅のBGMになりそうな程に...
そういえばこの時はまだ疲れてなかったし、5日間の中で一番テンション高かったかもしれませんw

いつの間にか眠ってしまったようで(どっちだよ)、列車はいつの間にか福井駅のホームに進入しているとこでした。危ない危ない(苦笑
前回来た時に行われていた高架工事は既に完成していて、降り立ったホームは北陸地方とは思えないほど近代的な雰囲気でした。



丁度475系と413系が並んでたので1枚。左側が今まで乗ってた列車です。
475系が去った後413系を単独で撮り、更にその後に入ってきた419系を撮影していると、私と同い年ぐらいの同業の方に声を掛けられてちょっと雑談。どうやら同じく遠方の方で、東から来られたようです。

福井を出るまでまだ時間があるので、駅を出てえちぜん鉄道を撮りに行くことに。
高架化前はJRのホームから直接見えたんですが、整備中の駅前を挟んだ少し離れたところにありました。ちょっとの距離でも歩くと暑い暑い...orz
駅に券売機はなくて、みどりの窓口のように駅員氏から直接購入するタイプでした。
入場券を求めると「こんなのでいいですか?」と、感熱紙に印刷したような切符を入っていた缶ごと(改札で回収したモノでしょう)見せられましたが、今回はホームに入れたらそれでいいのでそのまま購入。
改札は列車が到着する頃になるまで行われないことになっていましたが、入場券を見せるとすぐに通してもらえました。
ちなみに印ではなく鋏で、自分の記憶ではこれが初めてかもしれません...



えちぜん鉄道ホームからJR福井駅を。駅前にはまだ何もありません。
この後ろでは元阪神と思われる車両がパンタを降ろして寝てました。やっぱ運行標識板は良いですねーw
とりあえず次の列車が来るまで待つことにして、その間は二人で鉄道本やらを広げてました。私は趣味関連のモノは今回特に持ってきてませんですorz
で、とりあえず分かったのは二人とも国鉄色の475系を記録しときたいということでした。そうですよ、今回はこれも一つの目的なのです。実は米原で出会った例のゲテモノも含まれてたりするんですがw

2本目の列車がやってきてホームに並んだとこを撮影後、そろそろ私がJRの方に戻らないといけない頃になってきたので撤収。
えち鉄撮ってた間に国鉄色来てたら悲しいですねーとか言いつつホームに上がると、端の方に越美北線のキハ120が見えたのでこれを最後に撮影。



キハ120が最近の車両とはいえ、やっぱりこれは不釣合いな部分が...w
で、相手の方は福井に滞在するということでここで別れ、私が乗り込んだ次なる列車はまたも475系。

[福井12:54―(普通 富山・クモハ475-44)―14:29金沢]

あのDVDのあれはこの辺で撮ってんのかなーとか小松にて丁度合宿中な某友人のことを思い出しつつ、私の乗った列車はいつの間にやら石川県内を走行中。松任でチラっと見えたD51が気になりました。
お、今連結器むき出しのまま走ってる非貫通顔の681系とすれ違ったように見えましたが、何だあれは...

金沢に到着。とりあえず向かいホームに回って今まで乗ってきた475系を撮影。
で、ちょっと遅めの昼飯にしますかーとホームを移動してたら何か413系が3本も並んだり、おまけにそのうち1本が2本併結の6両だったりして驚いてる所に試運転幕の681系が到着。



まさかとは思ってましたが、やっぱりさっきのコイツだったのねんw
番号は失念。連結器の脇には"救援"の文字が。
程なくして681系は駅を出て行き、さて飯...と思ったものの駅の放送を聞いてみるとそうもいかないようです(何
この駅においてサンダーバードの存在は重要なのでs。








てとこで、金沢といえばこれですよ。
普段よりやけに短く見えるサンダバが富山方から到着し、その後更に短いのが同方向から現れます。
貫通扉は自動で開閉(幌は手動)しますが、扉そのものは思った以上に薄い板が思った以上に細いアームによって車体と繋がってて、内側から蹴ってみるとすぐにでも落ちてしまいそうな雰囲気です。これはもう初めて金沢でこの光景を見た時から感じてることでして...

で、ここでやっと腹を満たせるワケです。金沢ってことで白山そばです。
"きつね"じゃなくて"いなり"であることに最初は戸惑ったもんですが、ここで北陸の列車群を眺めながら食すうどんは十三やらの阪急そばとはまた違った感がー...お、良いタイミングで81牽引の貨物が通過w

さて、これ食べたら後は次の列車までマターリ...のハズが、向かいのホームには赤い帯の681系が現れやがりましたよ...?!
うはー、スノラビですよスノラビ。"はくたか"と言っても西の681系も充当されるワケで必ずしも出会えるとは限りません。
じゃ最後にこれ撮って行くかーと編成の前の方に行ってみると...





...混色だった件について。
先に編成で撮っておいて、それから併結部を押えようとしたものの後者間に合わずorz
いぁ、一応撮れたのもあるけどあっちは微妙。

何かと慌しかったものの、撮るモノは撮れたところで待っていたホームに入ってきたのは413系。
なんかこれに当たるとハズレなような気がするんですよねぇ。でも七尾線の415系を除けば北陸じゃ一番近郊型らしいっちゃらしいです。

[金沢15:32―(普通 富山・クモハ413-5)―16:36富山]

"いするぎ"がどうしても"つるぎ"に聞こえてしまうのは仕様ですw
高岡でゴロゴロ転がってるキハを見かけましたが今はスルー、そういえばいつだったかピンク色っぽい列車と一瞬すれ違ったような...まさか475系国鉄(ry
富山に着いた頃は既に西日がきつく、逆光で写真を撮ってみればそりゃ酷くなる感じでした。
今までの駅では乗り換えに1時間前後の余裕を持たせてましたが、ここから先はちょいと急がねばならんので、そのまま向こうのホームで列車を待ちます。

[富山16:52―(普通 直江津・クモハ475-19)―18:51直江津]

初日の最後にお世話になる列車はこれになります。
国鉄型のボックスシートで終着駅に向かうのって何か良いと思いませんかー?
で、現在乗車中の富山~直江津間ってのが私にとって北陸本線の中では最もベストな区間だったりします。
実は末端とか好きだったりしますし、交直切り替えやらトンネル駅やらもありますしw
丁度今の時間帯は日本海に沈む夕日も見られて文句はないとこなんですが、ただ一つ難点を言うと携帯の電波が入りにくいってことでしょうかw
トンネル駅の存在からも分かるように、トンネルの連続する区間なんですよね。実際、夕日を携帯で撮って友人に送ろうとしても送信できたのは日が暮れてからでしたw

糸魚川の赤レンガ車庫をじっくり拝めなかったのは残念でしたが、梶屋敷の交直セクションを通過して、トンネル駅こと筒石で意外にもそれなりの人数の乗客を乗せた列車は、辺りも暗くなり始めた直江津に定刻通り到着。
いよいよ北陸本線の終点、そしてJR西日本の端にやってきました。といっても駅のあれこれは東仕様。

さて、ここから長くなります(何
これからどうすっかなーとホームを歩いてると、早速東の車両が入線。



115系新新潟色。タイプミスじゃありません。新しい新潟色です(何
あまり実感が沸きませんが、ここは既に新潟県内。まぁ横長の新潟県です。県庁所在地までまだまだ距離があるので当然っちゃ当然でしょうか。
で、この時点で私のテンションがかなり高くなってるのも事実。何せ新潟は私にとって聖地ですから。実に3年振りの新潟、この115系の水色のシートを見たとたん懐かしさぐぁ...




そして更なるプラス要素。数年前までは地元でも見られたのに、今や東エリアの日本海側ローカル限定になってしまった485系の上沼垂色。何であの時撮っとかなかったんだ俺orz
この"くびき野"はそれなりの距離を特別料金ナシで485系に乗れてしまうという大変お得な快速でして、私も今回何度かお世話になりました。
好評なせいか、こないだから2両増結して半室グリーン+指定席車も登場する程です。




金沢でろくに撮れなかったスノラビもここでー...だがハイビームorz
できるだけ横から狙ってみたもののこの有様です。ちなみに編成でこの列車を撮影できたのはこれが最初で最後でしたorz

で、ろくに宿の手配をしていない今回の旅、初日である今日はずっとこの駅にいることになるのでこの後は駅前の銭湯に。直江津の駅自体は新しいモノですが、少しでも離れると寂れた風景が広がってました。




駅に戻ると、北越急行の東武に似た子がおりました。
この会社の列車も足を伸ばしてここまでやってきます。




ここでまたも115系新新潟色。
今日はよく晴れてまして、空に半分の月がのぼってました。露出下げた方が良かったかなー?



で、そのモハが新新潟色では希少な菱形パンタ、それも2基搭載車だったのでs。第二パンタは畳まれててよく見えませんが、冬は霜取り用として活躍します。
新新潟色はシングルアームがデフォですが、そもそも新潟の115系の大部分が1パンなもんで、それの2パン車はいません。シングル2基の115系ってのも見たいもんですが...w




その後隣に到着した北陸本線の475系。西と東の車両が並ぶのも境界駅らしいとこです。そして私にとってはたまらない並びなのですw



そしてここは新潟方面と長野方面から来る列車が顔を合わせる駅ということもあって、この通り違う地域色の115系が肩を並べることも。
更にこの115系は同じM'c-M-Tcの3連ながら、両者は実はクモハとクハなのです。確か長野の方の編成が逆だったのかな...




上の写真で左側に写っている115系、コイツこそが数あるこの形式のカラーリングの中で、私が最も好きな新潟色であります。
なんていうか先頭車側面の"N"をイメージした帯とかがよさ気です。白地に緑ってのも自分的には中々好みです。




停車中の列車の向こうに見える189系ですが、駅には直江津運輸区が隣接されてるので、終電の頃になると次々とここに当駅or周辺の駅止まりの列車が帰ってくるワケです。深夜でもたまにDLが動いてたりすることもあるので中々飽きません。まぁ今夜この駅を選んだのにはこういう理由もあります。過去に一度ここで寝た経験があるからこそ...です?




どうやらこの日は長岡で行われた花火大会の影響か、終電後にも臨時列車が設定されており、とりあえず待ってみることに。



んで若干遅れてやって来たのは、この辺りじゃ多分珍しい115系新潟色の6連。ハイビームはキニシナイorz
本当はこの頃にいつも大阪で見送っている日本海1号が来るハズですが、羽越線がストップしてるためこの日も運休...




てことで最初に到着する夜行列車は上野行きの急行能登かわいいよ能登
2社の境界駅ということで乗務員交代があり、停車時間も少し長めです。
ホームギリギリな上に横には貨物停車中なもんで撮影場所はここに限られました。前者は広角だと何とかクリアできるようですが...




その後まもなくやって来る同じく上野行きの北陸。原色も良いけど赤い81も中々のもんです。
横に見える115系は先ほどの花火臨の折返し回送です。




20分後には大阪行きのきたぐにが到着。これまたハイビーム...
流石にこの時期は12両に増結されてますね。

さて、夜はこれからーということで、この後は日本海3号が20分もバカ停してくれるというお楽しみもあったハズが、まぁ既に書いた通りでorz
仕方ないのでここはまず仮眠程度の睡眠を取ることにして、既に無人駅化してフリーパス状態になった改札を抜けて待合室へ。
冷房と自販機完備の大変環境のよい場所です。駅自体にはシャッターもないので締め出されることもありません。一晩を駅で明かすようなことがあれば、この直江津ってのはかなりオススメですw




一晩中ホームに留置されてる面子。
485系はいつの間にか停まってますが、475系は終電として到着した後、翌朝の始発に充当されるというよくあるパターンの運用に就きます。

<2日目に続く...>
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://01messenger.blog64.fc2.com/tb.php/5-85d79a59

 | HOME | 

プロフィール

つるぎ(剱)

つるぎ(剱)


住み処 おおさか
誕生日 10/28
趣味 見ての通り。
音楽 サザン
ヲチ 会津若松駅ライブカメラ


RSS 1.0

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。